りんご
りんごの甘酸っぱさや爽やかな香りが魅力的ともなるりんご。

世界中で親しまれているりんごは数多くの品種があり、異なる魅力を秘めています。

そんなりんごの品種の一つには「レッドゴールド」という品種がある事をご存知でしょうか。

そんなレッドゴールドという品種についてご紹介致します。

レッドゴールドというりんごの品種について

教師の画像
レッドゴールドは1936年頃にアメリカにて「ゴールデンデリシャス」と「リチャードデリシャス」の交配によって誕生した品種です。

日本へは1950年に青森県りんご試験場によって導入されています。

日本においてはより鮮やかな赤色が美味しいりんごと言われていますが、レッドゴールドは真っ赤な色合いよりも暗いような赤色をしている方がより甘味を感じられる味わいとなっています。

ドス黒いレッドゴールドの方が蜜が入りやすい傾向にあります。

ただ同じ樹木で栽培していても個体の色合いに差が生じてしまい、赤く実生した実を完熟状態にさせても、ドス黒いような色合いにはならない性質があります。

その為、レッドゴールドを栽培しても真っ赤になるのかドス黒くなるのかは生産者であっても判別出来ない品種ともなっています。

レッドゴールドというりんごの味や形など食べた時に感じる特徴は?

りんご
レッドゴールドは1個の重量が200~250g程と小さめの品種となっています。

外皮は真っ赤であったり、薄暗い暗赤色だったりとしていますが暗赤色の方が蜜の入りが良く甘味を楽しめる傾向にあります。

また暖かい時期よりも寒い時期の方が蜜の入りが良い傾向もあります。

レッドゴールドは糖度の高さが魅力的となっています。

糖度の平均値は15度程とりんごの中でも高めの糖度を誇っています。

程良い酸味も含まれており、スッキリとした甘酸っぱさが魅力的となっています。

果肉には硬さもあり、シャキシャキとした食感と溢れ出る果汁が多くの方を虜としてしまいます。

ただ日持ちがあまりしない品種となっており、収穫後すぐに味わって欲しい品種となっています。

果肉のみずみずしさや食感が半減してしまうので、時間が経過したレッドゴールドはバターソテーやコンポートで味わうのがおススメとなります。

レッドゴールドはどこが主な生産地?旬の時期は?

ポイント
レッドゴールドはアメリカ生まれの品種となっており、国内においては北海道が主な産地となっています。

北海道以外では青森県といった県で栽培が行なわれています。

そんなレッドゴールドは10月中旬頃から収獲が行われており、日持ちしない品種となっている事でこの時期が最も美味しい旬となっています。

あとがき

レッドゴールドは外皮の色合いが暗い程美味しい品種となっています。

その為、真っ赤な色合いよりもドス黒い色合いのレッドゴールドは小ぶりなサイズながら甘味と酸味のバランスが整っている品種です。

レッドゴールドは半世紀以上経った今でも人気の高い品種となっています。

▶ りんごの変色の原因と防ぐ方法を考える