秋は梨の美味しい季節ですよね。

そんな梨はシャリシャリ感とみずみずしさ、しつこさがない甘さが魅力的ですよね。

さて、「梨と言えば?」と聞くと「幸水!」「二十世紀梨!」と答える方が多いですよね。

梨にも多くの品種がありますが「豊水」の存在を忘れてはいませんか。

そこで今回は「豊水という梨の特徴と旬とは?」についてご紹介致します。

豊水とは?

教師の画像
豊水は果樹研究所にて1972年に誕生した品種です。

現在では人気№1である「幸水」に次いで№2の生産量を誇る品種となっています。

読み方は?

「豊水」は「ほうすい」と読みます。

親は?

豊水は「幸水」と「イ-33」(「いしいわせ」と「二十世紀」の交配)によって誕生した品種です。

由来は?

「豊水」という名前の由来は親品種にあたる「幸水」のように「みずみずしさが楽しめる梨」になって欲しいとの事から名付けられています。

豊水の味や大きさの特徴は?

味の特徴は

豊水は糖度が高い品種となっています。

酸味もしっかりと含まれているので、しつこさのない味わいが楽しめます。

大きさは?

豊水は1個の重量が350~450g程で幸水よりも少し大きいサイズの梨です。

黄色や黄金色のような美しい外観も魅力的ですね。

固さや歯ざわりは?

豊水はサクッとした歯触りとみずみずしい果肉となっている事でシャリシャリとした食感が楽しめます。

豊水の旬と栽培されている地域は?


豊水は千葉県が産地として最も多く、福島県や栃木県を始め、本州一帯で栽培が行われています。

そんな豊水は9月上旬~下旬が旬の時期でジューシーさがバツグンです。

豊水は梨の三水のひとつ!残りの2つは?

考える女性
豊水は梨の中でもジューシーさが楽しめる品種として「梨の三水」の一つともなっています。

豊水の他には「幸水」と「南水」もあり、みずみずしさがバツグンとなっています。

みずみずしさを存分に楽しみたい方におススメな品種ですね。

豊水梨と幸水梨の違いとは?

ポイント
幸水に次いで2番目に生産量が多い豊水、どちらも名前は知っていても、違いってよく分からないですよね。

寧ろ、この2つの違いをご存知な方はいらっしゃいますか。

幸水と豊水の違いがとても気になりますね。

美味しい豊水の選び方とは?


豊水を店頭で見かけた時やはり気になるのが「どれが美味しい豊水なんだろう?」ですよね。

そこで美味しい豊水の選び方をご紹介致します。

・手に持った時にずっしりと重みが感じられる物(みずみずしさが凝縮されています)

・全体的に張りのあるもの(果肉が緻密になっており、シャリシャリ感が楽しめます)

・軸が枯れていない物(軸が枯れている物は収穫から日にちが経過しています)

あとがき

梨の中でもみずみずしさが楽しめるとして「梨の三水」の一つにもなっている豊水。

甘みもしっかりとありながらみずみずしさを存分に楽しめるとして人気の品種ともなっています。

梨が出回る時期になったら一度は味わって頂きたい品種ですね。

▶ 梨の栄養価と期待できる効能は?食べ過ぎは駄目?