皆さんは、生のライチを食べたことはありますか?実は、私は生のライチを食べたことがありません(笑)。日本で生のライチが食べられる事も知りませんでした。

そもそも、中華料理店やサラダブッフェが有るお店以外でライチを食べようと思うとスーパーの冷凍食品コーナーに有る「冷凍ライチ」しか思いつかないのです。

今回は、日本で生のライチを手に入れることが出来るか?と冷凍ライチを美味しく食べる方法について調べてみようと思います。

実は日本で売られているライチのほとんどは冷凍もの?

教師の画像
早速、生のライチがお取り寄せ出来るか調べてみると「台湾」や「宮崎県」、「沖縄県の石垣島」といった限られた産地になっているようです。

しかも「日本の市場に出ているライチは輸入の99%冷凍ライチ」なんて情報も見つかりました。

この結果を見ると、日本で生のライチを食べる事は非常に難しく貴重であると言えそうです。

冷凍ライチのオススメの解凍のさせ方は?


日本では生のライチが手に入りにくいのなら、手に入りやすい冷凍ライチをより美味しく楽しみたくなりますよね。

冷凍した物は、解凍する方法しだいでは美味しさが変わってきます。そこで冷凍ライチを美味しく食べるコツを調べてみました!!

自然解凍?

一番簡単で一般的なのが自然解凍ですが、冷凍ライチを常温で自然解凍すると「水がたくさん出て」美味しさが半減しちゃいます。

自然解凍でお勧めの方法は”「冷蔵庫」で半解凍状態まで解凍した後に流水解凍で仕上げる”です。

他にも、”最初から流水解凍で仕上げる”方法も「解凍時に出る水分量を減らす」事が出来るのでお勧めです。

レンチン?

冷凍食品を解凍するときによく使用するのは「電子レンジ」ですが、冷凍ライチを電子レンジで解凍するのは水分がたくさん出るのでお勧めできません。

早く食べたい気持ちはわかりますが、美味しく食べるためには電子レンジで解凍しないほうがよいです。

少しだけ解凍させてシャーベットみたいに食べる?

冷凍ライチの解凍方法について調べていたら「完全に解凍せずに、少し解凍出来た状態のライチをシャーベット感覚で食べる」人がたくさんいました。

確かに、シャーベット状のライチ!!想像しただけでも美味しそうです。

アイスクリーム代わりに冷凍ライチのシャーベットを食べたら、ヘルシーなのでダイエットにも最適な食べ方です。

贅沢使い!ライチスムージー&ライチジャム

ライチを贅沢に使った「ライチスムージー」と「ライチジャム」も想像しただけで「絶対美味しいはず」と思いますが、そのまま食べても美味しいのに加工するなんて....ともったいなく感じちゃいますが(笑)作ってみたくなりますね。

 

手軽でお勧め!ライチフレーバーのアイスティ

こちらは、非常に手軽で美味しいメニューです。

紅茶を作って粗熱がさめたら皮を剥き種を外したライチを入れるだけです。

冷蔵庫で冷やしてから飲むと爽やかなライチの風味が広がるアイスティーの出来上がりです。

実は生ライチってとんでもなく美味しいって本当?


そして、私自身が味わったことがない「生ライチ」ですが非常に美味しく食べられるようです。

生ライチを食べた事のある方の感想には「とにかくジューシーで香りが強い」そうです。

冷凍ライチの風味で十分満足していた私ですが、とにかく美味しいと評判の生ライチ!一度食べてみなくなりました。

生ライチを食べることが出来る時期は短い

「日本のライチの99.9%が冷凍ライチ」とご紹介しましたが、これは日本に限った話ではありません。

ライチの旬は、5月中旬~7月なので、沢山ライチを生産している国でも、旬の時期以外は冷凍ライチしか手に入りません。

まとめ

今回は「冷凍ライチ」を美味しく食べる方法と、「生ライチ」の美味しさや食べられる期間についてご紹介しました。

手軽に手に入れる事が出来る「冷凍ライチ」を、お好みの方法で楽しんでくださいね。

▶ ライチの保存方法は?日持ちさせるコツとかってあるの?

▶ ライチの旬の時期っていつなの?国産か輸入もので違う?