いちご
クリスマスケーキや節句の時期になると、スーパーでもよく観かける事ができるいちご。

光り輝く美しさと甘酸っぱさが世界各国で親しまれていますよね。

さて、缶詰となっている果物や野菜は数多くありますが、「いちごの缶詰」って観た事はありますか?

ほとんどの方が、いちごの缶詰を観た事が無いと思われます。

そこで今回は【いちごの缶詰は存在しないのか?】【存在しない理由とは?】についてご紹介致します。

缶詰になっている果物はたくさんある!

教師の画像
缶詰の果物ってさまざまなシーンで食べられていますよね。

おやつや食後のデザート、お弁当など旬の時期でなくても味わう事ができるのが、缶詰の大きな魅力とも言えますね。

桜桃やみかん、パイナップルやさくらんぼ等数多くの果物が缶詰として世界各国で食されています。

何でいちごは缶詰になっていないの?


世の中には多くの果物が缶詰として流通されています。

しかし、「いちごの缶詰」は観た事が無いというか存在すら解らないですよね。

実はいちごの缶詰は流通されていないのです。

多くの果物が、缶詰として流通されているのに、どうしていちごの缶詰が無いのか不思議ですよね。

それは、いちごの性質が大きく関係しています。

缶詰は加熱殺菌によって加工されます。

いちごは加熱殺菌されると、変色してしまうのです。

いちごの魅力でもある赤はアントシアンという色素によって赤色になっています。

しかし、このアントシアンは加熱されると変色する性質があるのです。

さらに、いちごはとても柔らかく、加熱殺菌されると原形を留める事ができなくなる上、缶詰の魅力でもあるシロップ漬けにされると味わいが衰えてしまうのです。

つまり、見た目も悪いし味も美味しく無いという事からいちごは缶詰として加工されていないのです。

他にも缶詰にできない果物ってあるの?

考える女性
見た目も味も衰える事で缶詰として流通されていないいちご。

しかし、缶詰として流通されていないのはいちごだけではないのです。

子どもも大好きなバナナ。

バナナは酸味をあまり含まない果物なので、加熱殺菌されると味が衰え、見た目もドロドロになってしまいます。

さらに高級フルーツで親しまれているメロンも缶詰に不向きな果物となっています。

実は海外ではいちごの缶詰は売られている?

いちごの画像
日本ではいちごの缶詰は売られていなくでも、海外では売られています。

ジュースやスイーツやジャムの材量として重宝されています。

根本的に日本は「いちごジャム」が販売されている事で、いちごの缶詰の需要が高く無い事も大きく関係しています。

あとがき

「いちごの缶詰」が売られていないのは、見た目の悪さや味が衰える事も大きな理由となっていますが、根本的に需要がほとんど無い事も理由の一つですね。

バナナやメロンも缶詰としては販売されていませんが、外国では販売されている事もあるので、見つけたら是非味わってみては如何でしょうか。

▶ ドライいちごの栄養と期待できる効能は?生のいちごよりも低い?

▶ いちごジャムって栄養が少ない?ビタミンCが少ないって本当?