いちごの画像
甘みと酸味のバランスが魅力となるいちご。

クリマス時期になると白いケーキの上にトッピングされた真っ赤ないちごの美しさにウットリしちゃいますよね。

そんないちごは冬の時期なると多く流通されている事で「冬が旬」と感じてしまいますよね。

でも春の節句でもいちごは重宝されています。

今回はいちごの旬が冬なのか?それとも春なのかについてご紹介致します。

いちごがスーパーに多く出回っているのは12月~3月

教師の画像
いちごがスーパーで多く出回る時期は12~3月となっています。

でもいちごの旬は4~5月となっていますよね。

何故、旬の時期とは異なる時期にいちごが多く出回っているのか不思議に感じてしまいますよね。

これはハウス栽培で促進栽培が行われている事で旬の時期でなくても出回っているのです。

この時期に出回る理由は簡単です。

子供も大人も楽しみにしている「クリスマス」があるからです。

クリスマスと言えば白いクリームと赤いいちごが欠かせませんよね。

赤いいちごが大量に必要とされるこの時期だからこそ、スーパーでは多く出回っています。

また3月になると節句もあり、節句のスイーツとしてもいちごが欠かせません。

の為、12~3月はいちごが多く出回っているのです。

露地物のいちごは春が旬?


ハウス栽培ものは12~3月頃まで出回っていますが、露地栽培のいちごは春が旬となっています。

4~5月頃が旬となっています。

ただ品種によっては旬の時期が異なりますが、いちごの品種の多くがこの時期に旬を迎えます。

いちご狩りのシーズンは6月ぐらいまでやれるところもある

いちごの画像
旬の時期を過ぎた6月でもいちご狩りが開催される事もあります。

この時期に行われるいちごのほとんどがハウス栽培物となっており、旬の時期でなくてもいちごを堪能する事ができるのです。

結局冬と春どっちが旬なの?

ポイント
いちごの本来の旬は春となっていますが、ハウス栽培物は冬となって入り事で「旬の時期はどっち?」なんて感じてしまいますよね。

私の考えでは「いちごの旬は春」です。

3月頃になると全国各地で「いちごフェア」が開催されていますよね。

いちごがたっぷりと使用されたスイーツも多く出回ります。

何故この時期にいちごフェアが開催されるのか改めて考えてみると「春が旬だから」に結びついてしまいます。

この事から私は「いちごの旬は春」と考えます。

ちなみに品種や地域によって旬が違うこともあるの?

いちごの画像
いちごの旬は春となっていますが、品種や栽培されている地域によって旬が違う事も多くあります。

有名ブランドである「とちおとめ」は12~3月が旬ですが「紅ほっぺ」は2~4月が旬となっています。

早生種や晩生種といった品種の違いや寒冷地・温暖地といった地域の違いによって旬は異なります。

あとがき

いちごの旬は春となっていますが、クリスマスケーキでいちごは欠かせない事で冬も多く出回っています。

どちらのシーズンも甘味と酸味のバランスが魅力なみずみずしいいちごを味わう事ができます。

春物でも冬物でも絶品ないちごを堪能する事ができるのです。

▶ いちごの生産量はどこが多いの?栃木と福岡どっちが1位?

▶ いちごは大きい粒が好き?小さい粒が好き?あなたはどっち!