食後のデザートやアップルパイで人気のフルーツともなっているりんご。

日本だけでなく世界中で親しまれていますよね。

そんなりんごを皮ごと食べている方も多くいらっしゃいますが、皮をしっかりと剥く方もいらっしゃいますよね。

りんごの皮を剥く際には包丁で剥く方もいればピーラーで剥く方もいらっしゃいます。

簡単で手軽に剥く事が出来る方法について考えてみます。

りんごの皮むきでピーラーを使うのが一番楽?

教師の画像
「りんごの皮むきはピーラーが簡単」という方は多くいらっしゃいます。

まずりんごを包丁で剥く際には、りんごを手に持ち廻しながら剥きますよね。

でもこの方法だと上手く剥く事が出来なく、皮だけでなく実の部分も削いでしまい、食べる部分が少なくなってしまうなんて方もいらっしゃいます。

さらに包丁で剥くと指を切ってしまう事もあり、「怖い」という方もいらっしゃいますよね。

でもピーラーで剥くと皮の部分だけ薄く削ぐ事が出来るので、実の部分が多く残りいっぱいりんごを味わう事が出来ます。

またピーラーで剥くと指を切ってしまう恐れも無く、子供でも簡単に剥く事が出来ます。

りんごの皮むきは包丁の方が早くて簡単?

りんご
「りんごの皮剥きは包丁でしょ」という方も多くいらっしゃいます。

まずピーラーだと一度に大量の皮を剥く事は難しく、何度も削がなければなりませんよね。

その為、皮を剥くのに多くの時間と手間が掛かってしまいます。

でも包丁だと、一度に大量の皮を剥く事が出来る上、上達すれば途中で途切れる事なく繋がった状態で剥く事も出来、出来栄えも美しくなりますね。

またピーラーだと細かい部分までしっかりと剥く事が出来ないですよね。

でも包丁だと細かい部分もしっかりと剥く事が出来るのでキレイに皮を剥く事が出来ますね。

他に皮をむくコツは?

ポイント
包丁やピーラーの他にりんごの皮を剥く方法はないの?なんて事を感じてしまう方もいらっしゃいます。

実はりんごの皮むき専用のアイテムも流通されているのです。

使い方は超カンタン。

りんごをセットしてハンドルやバーを廻すだけ。

たったこれだけで、薄くキレイに皮を剥く事が出来るのです。

量販店は勿論、通販でも販売されており、価格も1000円以下で購入出来る物も多くある事で、高い人気を誇っています。

私はこうやってむきます

黒板
私もりんごは週に1度のペースで食べるフルーツともなっており、皮むきは屡しばしば行っています。

私の場合は包丁で剥きます。

りんごを廻しながら皮を剥き、桂剥きのように剥く事が出来ます。

また見た目を美しくさせる為に、ボーダーラインのように皮を剥きます。

皮を剥く部分と残す部分を交互に繰り返すと、皮の赤色と果肉の白色のコントラストが美しい仕上がりとなります。

特に子供のお弁当は見た目のテクスチャーも大切となってきますので、遊び心を忘れない剥き方を行っています。

包丁で皮を剥くコツは?

ポイント
包丁で皮を剥く方にとって桂剥きのように剥くのは憧れともなりますよね。

でも難しくてなかなか出来ないなんて方も多いハズ。

しかしこれにはコツがあります。

まず包丁の先では無、根本に近い箇所で切る事。

そして初心者は厚く剥く事。

さらに大事なのがりんごを廻す速さやタイミングです。

この事を気に掛け練習すれば、誰でも桂剥きのように剥く事が出来ます。

あとがき

りんごの皮を剥く際に簡単な方法は手馴れている方法と思われます。

ピーラーであっても包丁であっても、慣れた方法が最も楽に行えますよね。

どんな方法であっても上達すれば、楽だけでなくキレイな皮むきとなりますね。

▶ りんごは皮ごと食べたほうが栄養がある?それとも農薬が心配?