いちごの画像
クリスマスケーキを始め、スイーツに欠かせないいちご。

甘酸っぱさが初恋を思い出させてくれますよね。

そんないちごのカロリーは女性なら誰でも気になってしまいますよね。

今回はいちご1粒のカロリーやダイエット向きなのか太ってしまう食材なのかについてご紹介致します。

いちごの1粒あたりのカロリーってどのぐらい?


いちごは甘味がありながら程良い酸味が含まれている事でついつい食べ過ぎて過ぎちゃいますよね。

そんないちごのカロリーは大きさによって異なりますが、1粒で2~17cal程となります。

つまりいちご1パックで100cal程となっています。

100calと聞いてもカロリーが高いのか低いのか分からないですよね。

他の果物で100calと言うとバナナ1本分のカロリーとなります。

バナナ1本の重さといちご1パックの重さを比較すると、いちご1パックの方が重みがある事で、カロリー数は低い方と言えますね。

品種によって大きさや糖度がちがうから一概には言えない

考える女性
いちごと一口に言ってもさまざまな品種があります。

メジャーな「あまおう」や「とちおとめ」を始め多くの品種が存在しています。

いちごの糖度は15度程が平均値となっていますが、20度を超える品種もあります。

またいちご1粒の大きさも品種によって異なってくるので、一概にカロリー数を算出する事は出来ません。

いちごはダイエットに向いていると言われている理由

教師の画像
いちごがダイエットに向いている食材として、多くの女性が積極的に食べていると思われます。

でも、どうしていちごがダイエット向きなのか把握している方は少ないと思われます。

いちごには「アントシアニン」というポリフェノールがたっぷりと含まれています。

このアントシアニンには内臓脂肪を分解する働きがあります。

内臓脂肪が蓄積されるとメタボの原因に繋がってしまいます。

近年、多くの方がメタボの傾向があり悩みの一つともなっています。

しかしいちごのアントシアニンにはメタボの予防・改善効果が期待出来るとしてダイエット向き食材と言われています。

またいちごは食物繊維が豊富です。

食物繊維には腸内環境を整える効果があり、ダイエット効果だけでなくアンチエイジング効果も期待できるのです。

いちごが太ると言われている理由

いちご狩りに来た女性
いちごはダイエットに向いている食材と言われていますが、太ってしまうとも言われています。

まず「食べ過ぎ」が原因となります。

いちごは1粒が小さい事で、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

カロリーはそれ程高くないのですが、食べ過ぎはカロリーオーバーになってしまいます。

またいちごに含まれている「果糖」も太ってしまう原因となっています。

いちごは糖度が比較的高い食材です。

糖度が高い程、多くの糖質が含まれている事となり、体内に摂取されると脂肪へと変化してしまいます。

体内に摂取された糖質は分解されるのですが、分解量にも限度があり、分解されなかった糖質は脂肪として蓄積され太る原因となってしまいます。

また、いちごを食べる時、コンデンスミルクをたっぷりと掛ける方もいらっしゃいますよね。

甘みがプラスされて美味しく味わう事ができますが、コンデンスミルクを掛ける事は、より多くの糖質を摂取する事となり太る原因となります。

体重が気に掛かる方は控える事も大切ですね。

あとがき

いちごのカロリーは大きさや品種によって異なりますが、それ程高くはありません。

いちごに含まれているアントシアニンはダイエット効果が期待できますが、食べ過ぎは肥満の原因となってしまいます。

1日10粒程にするとダイエット効果を得る事や肥満の防止となるので、適量の摂取が大切ですね。

▶ いちごの種類はたくさんある!甘い品種はどれ?

▶ いちごの栄養と効能は?食べ過ぎたら体に悪いの?