秋と言えば多くの味覚を堪能出来る季節ともなります。

その中には甘味が蓄えられた柿もあり、秋の果物の定番ともなっています。

そんな柿にも多くの品種がありますが「富有柿」も高い人気となっています。

富有柿の魅力についてご紹介致します。

富有柿とは?


富有柿は「ふゆうがき」と読みます。

岐阜県瑞穂市居倉が発祥とされている品種です。

1857年に小倉初衛が栽培を始めた御所系統の柿で、福島才治が別の木に接木した事で育成し1898年に品評会で人気となった品種です。

現在日本では数多くの品種が流通されていますが、富有柿は柿の品種の中でも特に流通量が多い品種となっています。

富有柿の味の特徴は?糖度はどれぐらいなの?


富有柿は1個の重量が280g程とやや大きめのサイズとなっています。

糖度が15~16度程と甘味が強く、柔らかい果肉がジューシーな味わいを楽しめます。

柿農家によっては糖度が19度にもなる富有柿を栽培している方もおり、凝縮された甘味を堪能する事も出来ちゃいます。

甘味が味わえる品種となっている事で、生食はもちろん、ドレッシングやサラダの材料にもピッタリです。

沢山頂、食べきれない場合には冷凍保存も可能となっています。

冷凍保存の場合は完全解凍してしまうと果肉がグニュッと柔らかくなってしまうので、半解凍のシャーベットがおススメとなります。

富有柿の旬(食べごろ)と主に生産している県は?

教師
富有柿は西日本エリアで広く栽培されており、国内生産量のトップは奈良県となっています。

奈良県に次ぎ福岡県、誕生した岐阜県となっています。

全国的に流通されている富有柿の多くはこの3県で収穫された物と言えます。

富有柿は10月から12月中旬頃が収穫時期となっており、2月頃まで出荷が行われています。

そんな富有柿が最も美味しい時期は10月下旬~12月中旬頃となっています。

ハウス栽培物だと8月頃から出荷されてきますが、露地栽培ものは甘味とジューシーさを存分に堪能する事が出来るので、この時期の富有柿が特に食べ頃と言えます。

目利きと保存法

ポイント
甘くて果肉の柔らかい富有柿をチョイスするなら果実とヘタが離れていない物がおススメとなります。

この部分に隙間があると傷みやすくなってしまいます。

また張りやツヤがある物はより甘味やジューシーさがある富有柿となっています。

富有柿は常温で2日放置してしまうと果肉が柔らかくなってしまいます。

シャリシャリとした食感が好きな方は冷蔵庫の野菜室で保存すると、硬めの食感を味わう事が出来ます。

また冷蔵保存する場合にはヘタを下に置く事がとても大切です。

あとがき

日本国内で流通されている柿の中でも代表格とも言える富有柿。

甘味が十分に蓄えられている事で、柿好きには堪らない美味しさを秘めています。

10月頃になるとスーパー等でも見かける事が出来る品種ともなっており、待ち遠しくしている方も多い品種ですよね。

▶ 柿の種類一覧!甘くて美味しい品種を探せ!