甘さとシャキシャキとした食感、柔らかな果肉と1個で多くの魅力が満載の柿。

秋の訪れともなるとあちらこちらで観かける事が出来ます。

そんな柿にも多くの品種がありますが「横野柿」という品種をご存知でしょうか。

横野柿という品種の魅力をご紹介します。

横野柿とは?

教師の画像
横野柿は約280年前の江戸時代に山口県下関市安岡町横野の竹林に自生している所を発見された品種です。

その原木は1931年に天然記念物として指定されていますが、後に枯れてしまいました。

横野柿は渋柿となっていますが、渋抜き後は非常に甘く上品な味わいを楽しむ事が出来ます。

渋抜きの難しい品種という面もあり、栽培数が激減していた時期もありました。

しかし渋抜き方法の進化によって、以前よりも安定した流通が可能となっています。

現在、横野柿は希少価値も高く個包装で販売されている事も多く、1個200円程の価格となる事もあります。

横野柿の味の特徴は?糖度はどれぐらいなの?


横野柿は渋柿となっていますが、渋抜きすると非常に糖度の高い品種となっています。

横野柿はなんと19~20度程の糖度を誇っています。

ほとんどの柿は15度前後の糖度となっている事で、非常に甘味が強い品種となっています。

果肉はびっしりとつまっていますが、柔らかく甘味を存分に楽しめる味わいです。

そして横野柿の魅力は甘さだけではありません。

光沢のある鮮やかなオレンジ色の色合いの外被と果肉の美しさも大きな魅力となっています。

ヘタの部分に窪みがあり、ふっくらと丸みを帯びた形をしています。

横野柿の旬(食べごろ)と主に生産している県は?

ポイント
横野柿は愛媛県が国内生産量が約97%を占めています。

愛媛県以外では高知県で僅かに栽培が行われています。

そんな横野柿は11月中旬~12月下旬頃が収穫時期となっており、12月いっぱいが旬の時期となっています。

その他


JA周桑の販売所「周ちゃん広場」から出荷された横野柿は可愛らしいキャラクターが描かれた袋に丁寧に個包装された状態で百貨店等にて流通されています。

希少価値も高い事で、贈答用としても重宝されています。

美味しい横野柿の選び方は全体的に鮮やかなオレンジ色となっている物が良いです。

しっかりと色付いている物は完熟状態となっており、甘さとジューシーさを存分に味わう事が出来ます。

ツヤとハリがある横野柿は果肉がしっかりと詰まっている証拠です。

またヘタと果実の間に隙間が無い物のチョイスも重要です。

横野柿は常温保存だと2日程となり、冷蔵保存だと1週間程の日持ちが可能となります。

新聞紙で包んだりビニール袋に入れ、冷暗所や冷蔵庫の野菜室での保存がおススメとなります。

あとがき

横野柿は渋柿の中でも特に甘味を堪能出来る品種となっています。

希少性も高くなかなかお目に掛かる事も少ない品種となっていますが、出会ったら1度は味わってみる価値が高い品種ですね。

▶ 柿の種類一覧!甘くて美味しい品種を探せ!